1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 20:14:00.35 ID:???.net
2015.02.27 (14:11) │ 主要ニュース,民族教育 │

〈京都襲撃事件〉最高裁決定に関し弁護士、保護者らが記者会見
特派員、ジャーナリストらに啓発

京都朝鮮1初級学校(当時)への「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員らによる襲撃事件に関する
最高裁決定(昨年12月9日付)は、在特会と会員らに損害賠償の支払いを命じる判決を下した。これに関し、
朝鮮学校側の弁護士、保護者らが2月26日、日本外国特派員協会で記者会見を開き、裁判の教訓などについて
述べ、外国人特派員やジャーナリストらの啓発を促した。

日本外国特派員協会で行われた記者会見

壇上では弁護士の冨増四季さんが主に英語で発言した。

冨増さんは生徒と親のダメージが大きかったと指摘。事件後、おねしょをしたり夜鳴きをするようになった
生徒がいたこと、子どもにGPSをつけて警戒に当たったり、「子を守ってあげられなかった」と自責の念に
かられる家族などの話をした。そして、レイシスト(人種差別主義者)たちの背後に社会のゆがみがあり、
地理的に遠く離れた人にも刺激を与え、差別主義を呼び起こすことにつながる可能性が大きいなどと強調した。

保護者代表の金尚均さん(龍谷大学法科大学院教授)は裁判闘争はとりわけ、右派グループによる朝鮮学校
生徒への否定を、裁判所を通じ否定するためのたたかいだったと述べ、それは新たな社会を創るためのもの
だったと振り返った。そして朝鮮学校生徒への物理的な暴力だけではなく、現在、「高校無償化」除外を
はじめ制度的な暴力が日本社会にはびこっていると非難。それらはかつての関東大震災におけるマイノリティー
への排除、暴力を当然視、正当化したような危険な事象であると警鐘を鳴らした。

(李東浩)

【特集】ウリハッキョの今・70年の軌跡「四国朝鮮初中級学校」
〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中・沿革史
〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中/〝また帰ってきたくなるわが家のよう〟
〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中/インタビュー・中林重祐さん
〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中/インタビュー・洪朝子さん
〈特集・ウリハッキョの今〉四国初中/インタビュー・李東烈さん
「4.24教育闘争」をテーマに/全国集会で留学同が演劇
東京中高で「無償化」裁判を支援する全国集会
広島市西支部会館30周年記念行事、朝青支部が主催
〈京都襲撃事件〉最高裁決定に関し弁護士、保護者らが記者会見

http://chosonsinbo.com/jp/2015/02/20150227ton-3/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1425122040

▼ こ の 記 事 の 続 き は こ ち ら か ら