1 名前:なまはげ87度 ★@\(^o^)/:2015/03/31(火) 21:10:59.94 ID:???.net
米国に「韓国疲労症」が相当であるとする。 韓国があまりにも過去の問題に執着して疲れているということだ。
ここでもう一歩出た「日本が過去の歴史をすでに謝罪していないのか」という認識も、このような疲労感から出たものである。
外勢の支配を受けていない米国の立場から日韓の長い争いが食傷することもできる。

しかし、最近、米国の高官たちから感情不快感を越えて
歴史を便宜的に解釈しようとする兆しさえ見えるのは問題ではないことができない。

「政治指導者が、過去の敵を非難することで、安価な拍手を得ることは困難ではない」とし、
歴史を単なる政争の距離に卑下したウェンディ・シャーマン国務省政務次官や、

「ベトナム戦争で韓国軍は容赦なくした」は、デニス・ブレア国家安全保障局長、

「ベトナムは過去をわき韓国との関係正常化に合意した」は、ロバート・シャピロ前商務長官などの発言は
韓国に対する米国の感情が疲労を超え二律背反や我執に映ることもできると考えることにする。

-----------------------------------------

【韓国】の記事だが、米国では
1年365日、反日だけの国
「韓国疲労症」が相当であるとします
http://mlbpark.donga.com/mbs/articleV.php?mbsC=bullpen2&mbsIdx=2209045


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1427803859

▼ こ の 記 事 の 続 き は こ ち ら か ら